建築工房想庵

地震対策について

TRCダンパー制震工法

「自然素材の家に住みたい!」でも、「地震のことも心配・・・」と思われる方が多くなってきました。そういった方のために建築工房想庵では、基本構造である在来軸組み工法をさらに強化するために、「TRCダンパー制震工法」という地震対策法をご提案しております。

 

制震に優れた効果を発揮するTRCダンパー

これからの家づくりは、地震が発生した時に「倒れない家」だけではなく「壊れない家」にしなければなりません。そのためには、「地震に強い家」を作る必要があります。

地震に強い家を造る方法は、大きく分けて3つあります。「制震」「耐震」「免震」という方法です。建築工房想庵の推奨する「TRCダンパー工法」は、その中の「制震」に特化し、優れています。

「制震」とは、地震エネルギーを「吸収」して揺れを抑える仕組みで、地震の加速度を低減し、「耐震」に比べて建物の変形率を20%~50%低減することができます。また、新築だけでなくリフォームにも採用でき、コストも比較的安いのが特徴です。

 

TRCダンパーの仕組みと特徴


 
TRCダンパーは、特殊粘弾性ゴムの運動エネルギーを熱エネルギーに変換する性質を利用しています。「特殊粘弾性ゴム」をダンパーに入れ、伸び縮みさせることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換、吸収することができるのです。特殊粘弾性ゴムは、瞬時にエネルギー変換が起こるため、ゴムの特長により建物の揺れを大幅に低減し、揺れを抑え、壁の損壊や家具転倒を防止します。施工方法は壁の中に設置され、中小地震から、大地震まで高い性能を発揮します。また、温度依存性が低いため、気候風土の多様な日本においても、環境を問わず安定した効果を期待できます。

特殊粘弾性ゴムは時間経過による特性の変化が少ないので、メンテナンスをしなくても優れた効果を持続的に発揮することが出来るのもメリットになります。

もうちょっと詳しく知りたいなぁ~

と思われた方は、TRCダンパーに関する詳しい情報が掲載されている資料をご用意していますので是非読んでみてください。「地震対策」と言っても世の中にはたくさんの対策方法が存在し、それぞれにメリットデメリットがあります。せっかく家を建てるのですから、建ててから悔やむようなことのないようにしていただければ幸いです。

「資料が欲しい!」「良く分からないから直接話が聴きたい!」という方は、お気軽にお問い合わせください。